肌の老化の原因

肌はさまざまなストレスにさらされると老化していきます。
肌ストレスといって代表的なのが紫外線です。
紫外線にあたると肌内部にメラニンが形成され、しみ・そばかすの原因となります。
紫外線は一年中室内でも屋外でも受けると言われています。
屋外では紫外線を浴びることになるので、外出の30分前に日焼け止めを塗って出かけましょう。

室内でも紫外線は当たっていると言われます。
レースのカーテンでは紫外線が入ってきてしまうので、室内でも日焼け対策が必要です。
夏場は室内でのエアコンも肌ストレスの原因となります。
エアコンに長時間あたっていると、肌の乾燥が進みシワを引き起こす原因となります。

エアコンのついた部屋に長くいるときは保湿対策が必要です。汗も肌には大敵です。
汗をかくことで肌に必要な潤いを奪ってしまうので、肌は乾燥してしまいます。
夏だからといって気を抜かず保湿対策をしっかりしましょう。

肌が直接影響を受けなくても、精神的なストレスも肌に悪影響を及ぼします。
人間関係などでストレスを受け続けると、肌の状態が悪くなり化粧品の浸透が悪くなります。
肌とは無縁のようなことも肌に関係しているのです。
きちんと手入れをしても肌の状態が悪いときは、一度生活を見直しましょう。