ほうれい線対策には筋力アップと保湿ケア

その人本来が持つ笑いジワや涙袋以外で、
加齢による肌の老化で皮膚のたるみが深刻化した時に起こるのが、口元にできるほうれい線です。
ほうれい線ができる一番大きな要因は、肌の乾燥と顔の筋力低下に尽きます。
肌の乾燥が進むと、程よく柔らかかった皮膚表面が硬化し、
ピンと指で押しても肌表面が指紋で窪んだままになります。
また肌表面が硬い状態で喜怒哀楽などの表情を付けると、
変な跡が付きやすくなり、そのまま深いシワとしてほうれい線が刻まれてしまうのです。

このような事から、ほうれい線対策には肌を柔軟にする保湿に重きを置いたスキンケアが必要になります。
またほうれい線は、活性酸素というストレスを肌に抱え込む事でも発生します。
実は活性酸素は外から侵入するウイルスや細菌への免疫効果は抜群ですが、
あまりにも量が多いと体の錆び付きを逆に促進し、
老化現象の証としてほうれい線が口元に出やすくなります。

ほうれい線を未然に予防するには、衰えた顔の筋力を鍛える事も実践しましょう。
毎日気が向いた時に口角を力一杯上げ下げしたり、
大きく口を開けて歌う事も良いですし、
頬周辺の筋肉を適度に使う事で、ほうれい線は予防できます。

また同時にスキンケアで対策する事も忘れずにし、
肌を柔軟にする作用に長けたビタミンC、
お肌の張りとバリア機能を高めるヒアルロン酸やセラミド配合の基礎化粧品の使用は大変お勧めです。

更に良質の睡眠もほうれい線予防には効果的で、
夜中に分泌される睡眠ホルモンのメラトニンはストレスを緩和し、美肌を促す作用があります。
メラトニンは活性酸素除去にも貢献しますが、
少なくとも午前0時に就寝しないと夜中に沢山の量を分泌する事が難しいので、
いつも決まった時間に早寝早起きをするのが一番良いです。

このようにほうれい線予防は、常に規則正しい生活習慣を送りながら、
日々顔の筋力を付けるトレーニングと十分に肌に保湿を与えるケアが効率的な方法になります。