相変わらずいるバカッターという存在

以前バカッターという言葉が巷を賑わせたことがありましたね。アルバイト中のバカッターとしては、ハンバーガーショップの店員がこれから販売するバンズの上に寝そべったり、厨房のシンクの中に入ってみたり、ピザの生地を顔にあてて遊んでみたりと、本当に何でそんな写真を世の中に流すのだろうと思った方も多かったのではないでしょうか。こういうアルバイト中のおふざけは、アルバイト先で撮影しているものが多く、それ行為以外に写ってしまっているものも多くネット上で店舗の特定までもされてしまっていました。

また、コンビニのアイスなどが入っている冷蔵庫に入ってみたり、回転ずし店のしょうゆを吸ってみたり、仕事場以外でも写真を撮ってはネット上にあげるというバカッターもいましたね。自分達では楽しかったり、面白かったりすることは若い時、誰にでもあるものですが、それを公に見せびらかすと不快に思われたり、非難されたりするとなぜわからないのでしょうかね。もちろんその行為をすること自体おかしいことですが。

そんなバカッターが騒がれたのも昔の話と思っていたのですが、ネットで探してみると相変わらずバカッターはいるようです。そんな中、気になったのが「0円カルピス」というもの。初め耳にした時は何のことなのかわからなかったですが、内容はドリンクバーのあるような所でドリンクバーを注文せずにドリンクバーに置かれているシロップやフレッシュなどでカルピスっぽいものを作るというものでした。

ネタ的には同じようなことを自分が若い頃にもやったような気がしますが、なぜ有料のドリンクバー用に置かれている物を勝手に利用して、その状況の写真を巷にさらすんでしょうかね。相変わらずバカッターは存在しているんだなと思いました。