夏場は冷房を上手に使う

夏は暑いからと冷房を効かせ過ぎてはいませんか?職場で体を冷やし、帰ってきても同じような室温で体を冷やしていると代謝も悪くなり体によくありません。よく冷房は28℃設定がいいという話をされますが正直28℃って中途半端な温度でイライラします。涼しいわけでもなく暑いと言える温度でもないあの温度は自分は嫌いです。かといって湿度を22℃などにしてガンガンにエアコンを使うのは間違っていますよね。

自分の方法としては、扇風機を利用することです。自分の寝室はエアコンが付けられなかったので隣の部屋に大きめのエアコンを入れてその部屋から寝室を冷やしていました。しかし、ただ隣の部屋でエアコンを付けていても寝室まで冷えませんでした。そこで扇風機を購入し寝室へと冷気を送りました。すると、いままではあまり気付かなかったのですが風が体や顔にあたると部屋の室温は低くなくても涼しく感じるんです。扇風機を利用することで部屋の中の空気も循環してまんべんなく涼しくなりました。こうすることであまり室温を下げることなく快適に過ごしています。

自分の部屋で自分がいる場所に風を向けておくだけでかなり涼しく感じると思います。直接体に風をあてると冷えすぎることもあるのでその時は、何となく直接当たらないように自分の周りに風が吹き込んでくるようにします。この辺は工夫ですね。とにかく冷房の設定は2℃くらい高めにできるはずです。