花粉症によるニキビを防ぐ方法

春は花粉症に悩む方が多いと思います。花粉症の代表的な症状はくしゃみ、鼻水、目のかゆみなどですが、花粉症皮膚炎という症状が出る方もいて、花粉によりニキビができることがあります。季節を問わずニキビで悩んでいる方は、花粉でニキビが悪化することもあります。

花粉によるニキビを防ぐために、皮膚に花粉がつかないように気をつけます。帰宅したらクレンジングでメイクと花粉を落としましょう。仕事中はクレンジングできないので、その場合は柔らかいブラシで軽く叩いてください。クレンジングをしすぎたりブラシで強くこすると、肌のバリア機能が落ちて花粉に敏感になるので、優しく洗い、優しくブラシで叩きましょう。

メイクをするとニキビが悪化しそうだからとメイクを控える方もいますが、花粉を防ぐにはメイクをしたほうがよいです。パウダーファンデーションやフェイスパウダーで肌を覆っておくと、花粉が肌に付着しにくくなります。リキッドタイプは水分が多く花粉がつきやすいので避けましょう。

花粉でニキビが悪化する方は、肌のバリア機能が低下していることが少なくありません。バリア機能の低下の原因と考えられるのが肌の擦り過ぎです。洗顔時にゴシゴシこすったり化粧品をこすってつけると、摩擦でバリア機能が低下してしまいます。洗顔料をよく泡立てて優しく洗ったり、化粧品は肌の上を滑らせるようにつけることで、肌のバリア機能を守ることができます。