花粉症によるニキビを防ぐ方法

春は花粉症に悩む方が多いと思います。花粉症の代表的な症状はくしゃみ、鼻水、目のかゆみなどですが、花粉症皮膚炎という症状が出る方もいて、花粉によりニキビができることがあります。季節を問わずニキビで悩んでいる方は、花粉でニキビが悪化することもあります。

花粉によるニキビを防ぐために、皮膚に花粉がつかないように気をつけます。帰宅したらクレンジングでメイクと花粉を落としましょう。仕事中はクレンジングできないので、その場合は柔らかいブラシで軽く叩いてください。クレンジングをしすぎたりブラシで強くこすると、肌のバリア機能が落ちて花粉に敏感になるので、優しく洗い、優しくブラシで叩きましょう。

メイクをするとニキビが悪化しそうだからとメイクを控える方もいますが、花粉を防ぐにはメイクをしたほうがよいです。パウダーファンデーションやフェイスパウダーで肌を覆っておくと、花粉が肌に付着しにくくなります。リキッドタイプは水分が多く花粉がつきやすいので避けましょう。

花粉でニキビが悪化する方は、肌のバリア機能が低下していることが少なくありません。バリア機能の低下の原因と考えられるのが肌の擦り過ぎです。洗顔時にゴシゴシこすったり化粧品をこすってつけると、摩擦でバリア機能が低下してしまいます。洗顔料をよく泡立てて優しく洗ったり、化粧品は肌の上を滑らせるようにつけることで、肌のバリア機能を守ることができます。

白だし使ったことありますか?

自分は結構自炊をするのですが、ハンバーグやコロッケなどの洋食や野菜炒めやマーボー豆腐などの中華料理など何でも作ります。ただ和食だけは焼き魚程度しか作りません。なぜなら出汁を使うのが苦手だからです。粉末のだしでいいじゃないかという人もいますが煮物料理は、出汁がおいしくないと嫌なんですよね。だからといって出汁の取り方も味の加減もよくわからないから和食は作らないというのが自分の考えです。

しかし、最近画期的な物を手に入れました。白だしです。以前からスーパーなどで見かけて気にはなっていたのですが自分には用のない物だと思い込んでいました。しかし、白だしの瓶の上部についていた和食レシピが目に留まり購入してみることにしました。

和食レシピに書いてあったのは、たっぷりきのこの白だしスープやだし巻き肉じゃがなどが載っていました。それを見てレシピ通りに肉じゃがやスープを作ってみました。白だしとは、濃いだしを料理に合わせて水で薄めるといった簡単な方法で使用することが出来ます。スープやお吸い物(1人前)なら本品20mlに対し水を180ml、煮物(2人前)なら本品大さじ3に対し水を300mlといった感じで使います。

粉末のだしよりもずっと香りがよく、白だしを使ってから和食も作るようになりました。鍋だしも一瞬で出来るので水炊きなどの時におすすめです。

トクホ飲料を飲んでみる

ダイエットを始めるにあたって、日々の運動はもちろんのこと、毎日の摂取カロリーも気にしながら生活をしていこうと思っています。

近頃は、運動不足で体力も落ちてきていたのですが、徐々に体力もついてきて暇があれば運動してみようかなという気になってきました。そんな運動の中でも筋トレは欠かせません。筋肉が無ければ脂肪も燃焼されずダイエット効率が悪くなってしまいます。毎日の腕立て・腹筋・背筋は欠かさずやっています。

食事については、夜だけ炭水化物ダイエットで、日中は甘いものは避けるという感じでやっています。食べることが好きな自分にとっては、あまり朝から晩までダイエット食になると気持ちが滅入ってしまうからです。

でも、やはり普通の食事をしていると摂取カロリーや脂肪分が気になってしまうので、そこはトクホ飲料に頼っています。最近はお茶や炭酸飲料など多くのトクホ飲料が出ていますが、食事の時はトクホ茶にしています。

お茶の種類は、食事に合わせて好きなものを飲んだらいいのですがその効果には気を付けなければなりません。食事前や食事中なら脂肪の吸収を抑えてくれる飲み物がいいでしょう。黒ウーロン茶や緑茶などがありますが、コーラなどでもあります。

CMなどで見かける伊右衛門の特茶などは体脂肪を減らしやすくする効果のあるものなどで食前などに飲んでも脂肪はガッツリ吸収されてしまいます。気を付けましょう。

肌の老化の原因

肌はさまざまなストレスにさらされると老化していきます。
肌ストレスといって代表的なのが紫外線です。
紫外線にあたると肌内部にメラニンが形成され、しみ・そばかすの原因となります。
紫外線は一年中室内でも屋外でも受けると言われています。
屋外では紫外線を浴びることになるので、外出の30分前に日焼け止めを塗って出かけましょう。

室内でも紫外線は当たっていると言われます。
レースのカーテンでは紫外線が入ってきてしまうので、室内でも日焼け対策が必要です。
夏場は室内でのエアコンも肌ストレスの原因となります。
エアコンに長時間あたっていると、肌の乾燥が進みシワを引き起こす原因となります。

エアコンのついた部屋に長くいるときは保湿対策が必要です。汗も肌には大敵です。
汗をかくことで肌に必要な潤いを奪ってしまうので、肌は乾燥してしまいます。
夏だからといって気を抜かず保湿対策をしっかりしましょう。

肌が直接影響を受けなくても、精神的なストレスも肌に悪影響を及ぼします。
人間関係などでストレスを受け続けると、肌の状態が悪くなり化粧品の浸透が悪くなります。
肌とは無縁のようなことも肌に関係しているのです。
きちんと手入れをしても肌の状態が悪いときは、一度生活を見直しましょう。

ほうれい線対策には筋力アップと保湿ケア

その人本来が持つ笑いジワや涙袋以外で、
加齢による肌の老化で皮膚のたるみが深刻化した時に起こるのが、口元にできるほうれい線です。
ほうれい線ができる一番大きな要因は、肌の乾燥と顔の筋力低下に尽きます。
肌の乾燥が進むと、程よく柔らかかった皮膚表面が硬化し、
ピンと指で押しても肌表面が指紋で窪んだままになります。
また肌表面が硬い状態で喜怒哀楽などの表情を付けると、
変な跡が付きやすくなり、そのまま深いシワとしてほうれい線が刻まれてしまうのです。

このような事から、ほうれい線対策には肌を柔軟にする保湿に重きを置いたスキンケアが必要になります。
またほうれい線は、活性酸素というストレスを肌に抱え込む事でも発生します。
実は活性酸素は外から侵入するウイルスや細菌への免疫効果は抜群ですが、
あまりにも量が多いと体の錆び付きを逆に促進し、
老化現象の証としてほうれい線が口元に出やすくなります。

ほうれい線を未然に予防するには、衰えた顔の筋力を鍛える事も実践しましょう。
毎日気が向いた時に口角を力一杯上げ下げしたり、
大きく口を開けて歌う事も良いですし、
頬周辺の筋肉を適度に使う事で、ほうれい線は予防できます。

また同時にスキンケアで対策する事も忘れずにし、
肌を柔軟にする作用に長けたビタミンC、
お肌の張りとバリア機能を高めるヒアルロン酸やセラミド配合の基礎化粧品の使用は大変お勧めです。

更に良質の睡眠もほうれい線予防には効果的で、
夜中に分泌される睡眠ホルモンのメラトニンはストレスを緩和し、美肌を促す作用があります。
メラトニンは活性酸素除去にも貢献しますが、
少なくとも午前0時に就寝しないと夜中に沢山の量を分泌する事が難しいので、
いつも決まった時間に早寝早起きをするのが一番良いです。

このようにほうれい線予防は、常に規則正しい生活習慣を送りながら、
日々顔の筋力を付けるトレーニングと十分に肌に保湿を与えるケアが効率的な方法になります。