ヒゲが濃くなる原因とその対策について

ヒゲが濃くなるのは主に男性ホルモンが関係しているのは多くの方が分かっているかと思います。
ですが、単に男性ホルモンが原因でヒゲが濃くなるから男性でヒゲの濃さにバラつきがあるのはおかしい事になります。

では、どういう仕組みで男性ホルモンがある事でヒゲが濃くなるかというとそれは顔の毛穴に5αリダクターゼという酵素があるかどうかで
ヒゲが濃くなるかどうか決まると言っても過言ではないです。

この5αリダクターゼと男性ホルモンが結びつく事で体毛が濃くなるという性質があるのです。
でdから、男性でヒゲが濃い人というのは顔に5αリダクターゼという酵素が多い人になります。

これだ聞くとヒゲが濃い人の濃いヒゲはどうしようもないように思えますが、実際はそうではないです。
ヒゲが濃い人は5αリダクターゼの働きを抑えるジェル等を顔に塗れば5αリダクターゼの働きが抑えられてヒゲが薄くなっていきます。

ですから、ヒゲが濃い人は、まずはこの5αリダクターゼの働きを抑える事を考えると良いです。

参考:https://xn--bckgxl7dua6ese9jtf1364cd4c.com/

野菜を取ってスキンケア対策

海外などに長期滞在の旅行に行く際などは、国にもよりますがどうしても揚げ物やジャンクフード、もしくは肉料理が増え、野菜不足になります。

私は、子供時代アトピー持ちの現在敏感肌なので、ちょっとした環境の変化ですぐ肌荒れを起こします。ですので、特に海外へ長期滞在する時はなるべく環境を家に近い状態にする様に気をつけます。私の肌荒れの原因は大きく分けて、水と野菜です。海外では、大きなキャリーケースで行くので、必ず置き型の整水器と、現地のスーパーで生野菜やフルーツをカットできるまな板とナイフを購入します。これがすごく役に立つんです。

整水器は、不純物を取り除ける高除去を必ず持っていき、現地で買ったミネラルウォーターやペットボトルの水でもすべてこれに通した物を飲んでいます。また、外出先でコーヒーやコーラなどしか飲めない様な国では、常にペットボトルに入れた浄水した水を持ち歩きこれを飲んでいます。

また、野菜不足になるので、現地のスーパーなどで野菜やフルーツを買い、ホテルでカットし、この浄水した水に1時間程つけ、農薬などを抜きます。そしてそれを一食置き換えて食べてます。

また、なるべく鍋料理や野菜スープなど体に優しいメニューを外食に取り入れます。いつもマイ唐辛子か、一味を持ち歩いているので、これをたっぷり入れて発汗しています。汗をかくと、外気で汚れた毛穴が綺麗になる気がします。海外だとお風呂がシャワーのみも結構あるので、ホテルを選ぶ際は必ず「バスタブあり」を選び、現地でもしっかりと湯船に浸かって半身浴をし、水蒸気の熱で顔の化粧を落としやすくしてから、洗顔とパックをしています。旅行中もかなりスキンケアを気を付けてしているので、長期滞在でも自宅にいる時と変わらない肌を保てています。

相変わらずいるバカッターという存在

以前バカッターという言葉が巷を賑わせたことがありましたね。アルバイト中のバカッターとしては、ハンバーガーショップの店員がこれから販売するバンズの上に寝そべったり、厨房のシンクの中に入ってみたり、ピザの生地を顔にあてて遊んでみたりと、本当に何でそんな写真を世の中に流すのだろうと思った方も多かったのではないでしょうか。こういうアルバイト中のおふざけは、アルバイト先で撮影しているものが多く、それ行為以外に写ってしまっているものも多くネット上で店舗の特定までもされてしまっていました。

また、コンビニのアイスなどが入っている冷蔵庫に入ってみたり、回転ずし店のしょうゆを吸ってみたり、仕事場以外でも写真を撮ってはネット上にあげるというバカッターもいましたね。自分達では楽しかったり、面白かったりすることは若い時、誰にでもあるものですが、それを公に見せびらかすと不快に思われたり、非難されたりするとなぜわからないのでしょうかね。もちろんその行為をすること自体おかしいことですが。

そんなバカッターが騒がれたのも昔の話と思っていたのですが、ネットで探してみると相変わらずバカッターはいるようです。そんな中、気になったのが「0円カルピス」というもの。初め耳にした時は何のことなのかわからなかったですが、内容はドリンクバーのあるような所でドリンクバーを注文せずにドリンクバーに置かれているシロップやフレッシュなどでカルピスっぽいものを作るというものでした。

ネタ的には同じようなことを自分が若い頃にもやったような気がしますが、なぜ有料のドリンクバー用に置かれている物を勝手に利用して、その状況の写真を巷にさらすんでしょうかね。相変わらずバカッターは存在しているんだなと思いました。

夏場は冷房を上手に使う

夏は暑いからと冷房を効かせ過ぎてはいませんか?職場で体を冷やし、帰ってきても同じような室温で体を冷やしていると代謝も悪くなり体によくありません。よく冷房は28℃設定がいいという話をされますが正直28℃って中途半端な温度でイライラします。涼しいわけでもなく暑いと言える温度でもないあの温度は自分は嫌いです。かといって湿度を22℃などにしてガンガンにエアコンを使うのは間違っていますよね。

自分の方法としては、扇風機を利用することです。自分の寝室はエアコンが付けられなかったので隣の部屋に大きめのエアコンを入れてその部屋から寝室を冷やしていました。しかし、ただ隣の部屋でエアコンを付けていても寝室まで冷えませんでした。そこで扇風機を購入し寝室へと冷気を送りました。すると、いままではあまり気付かなかったのですが風が体や顔にあたると部屋の室温は低くなくても涼しく感じるんです。扇風機を利用することで部屋の中の空気も循環してまんべんなく涼しくなりました。こうすることであまり室温を下げることなく快適に過ごしています。

自分の部屋で自分がいる場所に風を向けておくだけでかなり涼しく感じると思います。直接体に風をあてると冷えすぎることもあるのでその時は、何となく直接当たらないように自分の周りに風が吹き込んでくるようにします。この辺は工夫ですね。とにかく冷房の設定は2℃くらい高めにできるはずです。

花粉症によるニキビを防ぐ方法

春は花粉症に悩む方が多いと思います。花粉症の代表的な症状はくしゃみ、鼻水、目のかゆみなどですが、花粉症皮膚炎という症状が出る方もいて、花粉によりニキビができることがあります。季節を問わずニキビで悩んでいる方は、花粉でニキビが悪化することもあります。

花粉によるニキビを防ぐために、皮膚に花粉がつかないように気をつけます。帰宅したらクレンジングでメイクと花粉を落としましょう。仕事中はクレンジングできないので、その場合は柔らかいブラシで軽く叩いてください。クレンジングをしすぎたりブラシで強くこすると、肌のバリア機能が落ちて花粉に敏感になるので、優しく洗い、優しくブラシで叩きましょう。

メイクをするとニキビが悪化しそうだからとメイクを控える方もいますが、花粉を防ぐにはメイクをしたほうがよいです。パウダーファンデーションやフェイスパウダーで肌を覆っておくと、花粉が肌に付着しにくくなります。リキッドタイプは水分が多く花粉がつきやすいので避けましょう。

花粉でニキビが悪化する方は、肌のバリア機能が低下していることが少なくありません。バリア機能の低下の原因と考えられるのが肌の擦り過ぎです。洗顔時にゴシゴシこすったり化粧品をこすってつけると、摩擦でバリア機能が低下してしまいます。洗顔料をよく泡立てて優しく洗ったり、化粧品は肌の上を滑らせるようにつけることで、肌のバリア機能を守ることができます。